• シェア
  • はてぶ
  • あとで
コーヒーを飲むと口臭が気になりませんか?口臭の原因と対策方法とは。

あなたはコーヒーを飲む方ですか?コーヒーを飲んだ後の口臭って気になりませんか?何故コーヒーを飲んだ後、口臭がするのでしょうか?原因と対策方法をまとめました。

なんでコーヒーが口臭を引き起こすのか、原因を知ろう!

なんでコーヒーを飲むと、口臭に繋がってしまうのでしょう!?
その原因を探ってみましょう。

コーヒーを飲んで水分を補給できたように感じますが、利尿作用で水分が排出されてしまうのです。こまめに水分を補給するようにしましょう。

出典:complex7.com

コーヒーはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という成分などが胃液分泌を促進するため、胃が荒れやすくなったりすることもあります。消化性胃潰瘍を助長してしまうのです。特に疲れているときや体力が落ちているときに胃が荒れることにより、食物の消化吸収がわるくなったりして口臭がする場合があります。空腹時などは飲むのを避けた方が良いでしょう。

出典:complex7.com

コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させる作用があります。歯茎の血流もわるくなってしまいます。歯茎の血流が悪くなると、栄養や酸素、免疫細胞などが届かなくなります。口の中の歯周病菌や虫歯菌などの悪玉菌と戦う力が弱くなってしまいますので、口臭が悪化するのです。更に、タバコも吸う人の口臭は最悪です。歯周病も悪化させる組み合わせなのでコーヒーとたばこの両方をやめるか、どちらかはやめましょう。

出典:complex7.com

缶コーヒーでなく、豆から入れる場合にも注意が必要です。コーヒー豆の保存状態が悪いとカビがはえてしまっていることがあります。インスタントのコーヒーにもカビがはえることがありますので注意が必要です。カビは歯周病菌の餌になるという説もありますので、カビを口の中に入れるのは危険です。また、カビの出す毒素も大変体に悪いものですので、カビの生えた物は飲まないでください。カビの出す毒素には発がん性があるものもありますので大変危険です。

出典:complex7.com

口臭が緩和されるコーヒーの飲み方って!?

実はコーヒーを飲んでも口臭を引き起こさないように出来る?
どんな飲み方をすれば、口臭予防になるのでしょうか!?

深煎りのコーヒーは苦みが強く、香ばしさがあって好まれる方も多いでしょう。しかし、深煎りではHHQなどフェノール類の雑味が強く、舌に残るフェノールのにおいは、苦手な人にとっては耐え難いかもしれません。この際、深煎り焙煎はやめて、アメリカンローストとも呼ばれる、すっきりとした中煎りコーヒーを選んでみてはどうでしょうか。

出典:b-steady.com

口臭対策!コーヒーを飲んだ後に歯磨きをするなら??

コーヒーを飲んだあとの口臭を改善するには、口の中に付着しているコーヒーの成分を取り除くのが1番です。時間があるなら、歯磨きをするのが良いでしょう。

出典:mens-skincare-univ.com

コーヒーの成分が付着しやすのは、歯よりも舌ですが、硬い歯ブラシで舌をゴシゴシこすると、舌を傷つけて、味覚障害などを招く恐れがあります。舌を掃除するなら、舌ブラシかやわらかい歯ブラシを使い、奥から前に向けてそっと動かす程度に留めましょう。

出典:mens-skincare-univ.com

歯磨きが出来ないときの口臭対策!どうしたらいいの??

水で舌をきれいにしたあとは、キシリトールガムを噛むと良いでしょう。噛むことによって唾液の分泌が促され、口の中を中性に戻すことができますし、唾液による自浄作用で、口の中を清潔に保つことができます。

出典:mens-skincare-univ.com

最後に!

いかがでしたでしょうか。
コーヒーで口臭が発生するのには、様々な要因が重なることで起こることが分かりましたね。
口臭を予防するためには、コーヒーを選ぶことと、また飲んだ後のケアにも注意を払いましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター情報このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する