• シェア
  • はてぶ
  • あとで
肩こりが辛い。。ストレッチで痛みを少しでも和らげれます!

肩こりが慢性的にある人って、辛いですよね。そのまま放置しておくと、血行が悪くなったり、頭痛がしたり、別の部位にも悪影響になりかねません。肩こりの痛みにはストレッチがとても有効です!簡単なストレッチで少しでも痛みが和らげるので、是非覚えておきましょう!

肩こりの痛みは、ストレッチで解消出来ちゃう!?

現代人の多くは、デスクワークや運動不足によって、肩こりに悩まされている人が多いようです。
慢性的な痛みになってしまうと凝り固まって、毎日の仕事や生活に支障が出たり、首筋が痛かったり、頭痛がしてくるケースも…。
肩こりの痛みはストレッチで解消することが可能なので、時間の空いた時にこまめにストレッチして、肩こりの痛みが慢性化しないうちに治して行きましょう!

慢性的な肩こりの原因って何?

1日中のデスクワーク、長時間の運転で、肩こり・腰痛を感じたという経験はありませんか?そんな時、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。すると筋肉は硬くなり、コリやだるさを感じるのです。つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることが、コリの原因の1つです。

出典:www.nabolin.com

パソコンや読書、手仕事などのとき、多くの方は首を少し前に突き出す姿勢になっています。また、両肩を少し前にすぼめる姿勢にもなっています。こうした姿勢を続けていると、首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じ、血流が悪くなり、肩こりを起こします。

出典:www.healthcare.omron.co.jp
長時間、同じ姿勢を取らざるを得ないデスクワークは、慢性的な肩こりの原因になりやすいです。
同じ姿勢のまま、手先や目元意外はほぼ動かず、筋肉もそんなに使わない為、筋肉が凝り固まってしまうことから肩こりが発生してしまいます。最近では、デスクワークの合間に、上部で手を組んだりして、ストレッチで伸びをすることが推奨されています。

肩こりを起こしているときの首や肩は血流が悪くなっていて、新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくく、疲れやすい状態になっています。それを改善するのが適度の運動です。

出典:www.healthcare.omron.co.jp

入浴やマッサージで肩こり・腰痛がラクになることはありませんか?血のめぐりが良くなると肩こり・腰痛も改善される。このような肩こり・腰痛の原因としては、血行不良が考えられます。疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血のめぐりを悪くしてしまいます。

出典:www.nabolin.com
冷えや、運動不足からくる血行不良が原因で、筋肉が固まってしまい痛みを伴うほどの肩こりに悩まされることになってしまった…なんて話も珍しくありません。
入浴や、マッサージはいつでも出来るわけではありませんので、自分で空いた時間に出来る、肩こり解消のストレッチを覚えておくと良いかと思います!

ストレス性の肩こりは女性に多く、とくに気分が落ち込みやすい女性は要注意。毎日の生活のなかに適度の運動習慣を取り入れ、肩こりを起こしにくいからだづくりを心がけましょう。

出典:www.healthcare.omron.co.jp

ストレスを感じると、全身の筋肉が緊張します。肩こりの原因となる抗重力筋も例外ではありません。更に、血管自体をも収縮させ細くさせてしまうため、筋肉の中では血流障害が起こり、筋肉疲労から肩こりを招きます。

出典:kata.sakuracre.com
ストレスが全身の筋肉を緊張させて、血管の血行不良を招いてしまいます。
ストレッチをすることで筋肉の緊張をほぐし、ゆっくりとしたストレッチで心もリラックスしたり気分転換になり、ストレス自体も軽減されるため、軽いストレッチをすることはオススメです!

肩のストレッチの決定版!効果絶大のストレッチ!

出典:www.youtube.com

10秒で肩こり解消!のストレッチが凄いので紹介します!

チャンネル登録お願いします!めざせ登録者数3000人!! https://www.youtube.com/user/noriyuki510 先日、接骨院に勤めている知り合いに教えてもらったス...

1.たたんだタオルに伸ばす肩をのせて仰向けに寝る
2.逆側の手を伸ばす肩にそえる
3.腕をゆっくりと上部に伸ばし、その姿勢のまま10~20秒キープ
4.逆側も同様に行う手順もとっても簡単ですよね!この動画を見ながら肩こり解消ストレッチを是非試してみて下さい。たったの10秒なので、手順もすぐに覚えることができます。

酷い肩こりの場合はこちら

出典:www.youtube.com

ひどい肩こり改善ストレッチ

ひどい肩こりの改善のストレッチです。 ほのか整骨院【http://honoka-seikotu.com/】 ひどい肩こりを改善するストレッチとは、、、 肩こりがひどくて普...

1.わきの横が伸びていることを意識して伸びをする
2.手を挙げたまま10秒ほどキープし、脱力して手をおろす
3.片手を腰に当てて、もう片方の手でひじを掴み、前方に引き寄せる
4.肩が気持ち良いと思う所で10秒ほどキープし、逆側も同様に行う
5.腰に手を当てて、逆の手で腰に当てている腕を後ろから掴む
6.掴んでいる腕の方へ引っ張り10~20秒ほどキープ
7.逆の肩も同様に行う手順が少し多く感じる人もいるかもしれませんが、時間にすると4分程度です!全て覚えきれなくても大丈夫!こちらの動画の指示通りに体を動かしてストレッチすることで、肩こりの痛みが軽減されると人気のあるストレッチです。

これを3セットほど繰り返し、行って下さい。特にひどい肩こり、なかなか改善しない肩こりがある人はぜひやってみて下さい。

出典:www.youtube.com

肩の痛みには逆効果!注意してほしい行動は?

慢性的に疲労感がある方はもしかしたら疲れが溜まりやすい猫背姿勢のせいかもしれません。デスクワークをしてパソコンの画面をのぞき込みながら指先だけを動かしたり、スマートフォンばかり見ていたりすると頭が前方に出やすくなり猫背姿勢になりやすくなります。

出典:stretchpole-blog.com
肩が痛い状態を作っている、歪んだままの姿勢でストレッチをしても、肩の痛みが軽減されるどころか悪化してしまう場合もあります。
痛みを取りのぞきたいのなら、正しい姿勢でのストレッチを心がけることが必要!また、何となく同じポーズをするよりも、「どの筋肉を伸ばしているか」「どの筋肉に効いているのか」を意識するだけで痛みへのアプローチが変わってきます。ストレッチをする際は、姿勢と効く場所を意識して下さいね!

呼吸を止めてしまうと逆に筋肉の緊張を強くしてしまうので、呼吸が楽に行える程度の強度のストレッチが効果的です。

出典:namaisekkotsuin.com
伸ばすことや、姿勢をキープすることに必死になりすぎて、つい呼吸を止めてストレッチをしてしまう人がいます。しかし、これは逆効果!呼吸を止めると緊張した筋肉に変な力が加わりますし、痛みの原因になってしまうこともあります。ゆっくりと深呼吸するような呼吸を続けることが、痛みを和らげるストレッチのコツですよ!

痛みがなくても、ストレッチの習慣を取り入れよう!

何となく肩が痛い、頭が痛いと感じていても、痛みを感じるまではストレッチなど行わない人も多いです。
普段からストレッチを続けることで、予防も出来ますし、コリにくい体に変わることができます。
是非、普段からのストレッチを取り入れてみて下さい!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター情報このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する